Memorandum May 16

12日、caricolakeさんにお誘いいただき三鷹のおんがくのじかんに出演しました。

静かの基地も少しずつ新しい形になってきて、cariocolakeさんの3vocalも聴いていて楽しく、 おんがくのじかんも雰囲気や店主さんの人柄含めてとてもいい場所でした。

おそらく、おんがくのじかんへの出演は7年振りくらいだったのです。
(たぶん毛玉の黒澤さんたちと#NULLというバンドで出演したのだったと思うのだけど記憶があいまい。)

お誘いいただきありがとうございました!

静かの基地でギターを弾くようになりました
終演後にcaricolakeのみなさまと

Homebrew Music

caricolakeさんにお誘いいただき、三鷹おんがくのじかんに出演します。
(お知らせが寸前でごめんなさい、、、)

静かの基地は歌多めのセットに挑戦です。
たぶん音は以前より柔らかく、色彩が豊かになりました。

=

最近のこと。

5/3
manateeというバンドで一緒に活動しているwhooくんがソロライブをするので鍵盤ハーモニカとギターでサポートに入りました。

吉祥寺Warpがいっぱいになるほどの大盛況だったのですが、ネットで活躍している方々による企画ということもあってお越しいただいたみなさん物腰柔らかくて優しそうでした。

大学生の頃に出入りしていたライブハウスは、だいたい煙草を咥えていたりお酒を片手にどこか危ない雰囲気が漂っていたのですが(それはそれで好きな文化です)
やっぱり演奏していて優しい雰囲気に包まれるのは良いものだな、と思ったのです。

=

View this post on Instagram

liltのコンサートより抜粋

A post shared by Shintaro Tanaka (@shintaro_tanaka) on

Parallel Musicの一部抜粋したものをInstagramにアップしてみました。

Thanks for coming – Parallel Music –

4月20日のParallel Music、お越しいただきありがとうございました。

写真をまったく撮っていなかったので、代わりにリハーサル後のセットの様子。

View this post on Instagram

要塞築きました。19:30より吉祥寺Liltにて

A post shared by Shintaro Tanaka (@shintaro_tanaka) on

ピアノのまわりが要塞と化しています。
しばらくライブでコンピュータを使っていなかったので、久しぶり。
やっぱりコンピュータが隣にいると演奏に集中できないなあ、と思いつつ、、それでも今日はどちらもなければ成り立たない演奏だったのです。

アップライトピアノは消音のためのフェルトを落として演奏してみました。小さな音をマイクで増幅したのですが、カコカコとハンマーの音が響いて顕微鏡でピアノの中をのぞいているようでした。

ところで、小さな音は緊張感を生みますね、、、演奏する方も、おそらく聴き手にとっても。小さな音は聴き手から主体的に聴取しようとする聴き方になるのですが、その分サルベージのための仕掛けも一緒に用意しなければ、と思ったのでした。

あまり演奏中にMCを挟むことができなかったので、内容について振り返りを兼ねたメモ。

前半は「sculpture musicale」と題してピアノの小品。
展開がやってくる前に終わってしまうような作品たち。
静かの基地でやったようなアブストラクトな音響をピアノひとつで形造れないか、という試みです。

後半、まずはループシステムを使った即興演奏。
(そして久しぶりにクラシックギターも弾いてみたり)
最後の2曲は書かれた言葉のイメージから言葉にはならなかった部分を最低限の音符で表す試み。

Cの音がひたすら反復する曲はウィリアムブレイクの「無垢の予兆」から。
グラニュラーシンセシスによるピアノ変調する曲はタゴールの「百年後」をもとに。
どちらも今製作中のソロアルバムの断片です。

さてさて、平石博一さんのセットはさすがでした。
最後リズムが入ってきた時はもうじっと座って聴いているのがシュールに感じられるほどかっこよかったです。

次は5/12に三鷹の「おんがくのじかん」というライブハウスにて、caricolakeさんにお呼びいただき静かの基地で演奏します。つきのふねからの船出のとき、こちらは歌に挑戦です。

それとサポートですが、5/3に吉祥寺WARPにてChill Chihuahuaというイベントでwhooくんの後ろで鍵盤ハーモニカやエレキギターを弾きます。ドラムの高木くんとミニマナティ編成。

Parallel Music – 平石さんのこと

4月20日、吉祥寺Liltのコンサートまであと3週間。
私も「Parallel Music」をテーマにいつもとは少し違う作品を準備しています。

さて、せっかく平石さんとご一緒できる機会ですので、すこしだけ平石さんのご紹介を。

平石博一(ひらいし・ひろかず)1948年生。独学で作曲を修得。70年代から80年代にかけて主に
ポピュラー・ミュージック,商業音楽系の作編曲やレコーディングの指揮などを行う一方、自作の
発表を行うという独自の活動を展開してきた。
 ミュージック・スペースというグループ展で作品を初めて発表した72年から一貫してミニマル・
ミュージック的な作風を追及し続けてきた,日本ではほとんど唯一の存在。
 作品はピアノ曲などの独奏曲,弦楽四重奏をはじめとする室内楽からオーケストラ、さらに電子音
楽など幅広くあるが、93年制作の「回転する時間(とき)」にみられるようなある種のテクノ・ミュ
ージック,ハウス・ミュージックとも呼べる作風も多く生み出している。
 舞踏ダンサーや映像作家とのコラボレーションによるステージのための音楽も数多く制作してきた
が、近年は美術家とのコラボレーションによる音楽制作、空間音楽パフォーマンスを継続して展開し
ている。
 1999年の秋から2000年の夏にかけてACC(ASIAN CULTURAL COUNCIL /An Affiliate of the
Rockefeller Brothers Fund)の奨学金を得てニューヨークに滞在、パフォーマンス等を行ってきた。

私がはじめて平石さんの作品を知ったのは、fontecからリリースされていた作品集のCDでした。

その頃は紋切り型の現代音楽を書くのは本意ではなく、 かといってサントラのようなインストを書くのも本意ではなく、 どのように自分の作品を書いていけばよいのか考えていた頃でした。

そんな折に聴いた「回転する時間」や「Prismatic Eye」といった作品が、 私の悩んでいる領域を軽々とすり抜けていく様にとても感銘を受けたのです。

回転する時間
Prismatic Eye

どちらもYoutubeの掲載元がsonic artsなので転載させていただきました。

ちなみに平石さんは魅力的なピアノ作品も書かれています。(こちらはこの場にはアップするのは控えさせていただきます。)
A rainbow in the mirrorやstill lifeといった作品、よろしければ調べてみてください。

数年前にもんてんホールで井上郷子さんの演奏を最前列で聴けたのは実に贅沢なひと時でした。

4月20日のイベントタイトル、Parallel Musicは平石さんにアイデアをいただきました。

私も平石さんも、Parallel Musicをテーマに音楽を持ち寄ります。

ご予約は:info@ototote.net まで

Parallel Music

作曲家の平石博一さんとコンサートを企画しました。

平石博一・田中慎太郎によるコンサート。
平石博一によるマルチチャンネルによる作品発表とライヴコンピューターミュージック。
田中慎太郎によるピアノ曲(新作)
2つの構成によるParallel Musicをお届けします。

Thanks for coming “musica universalis”

先日は静かの基地コンサート「Musica Universalis」お越しいただきありがとうございました。

日の入り開演、徐々に窓の外が闇に染まる宵の移ろいを感じながらピアノを弾くひととき。会場のカフェLiltだからこそ感じられるものだったと思います。

今年のコンサートはこれでおしまい。
来年は演奏の機会も増えてくると思います。

ちなみに、コンサートでギターを弾いたのはおそらく黒澤さんとデュオをやっていた頃以来なので7年振りくらいです。まだまだ修行不足、鈍った腕はすぐには戻りません。再びギターをはじめた動機は、おそらく音色に対して私が寛容になることができたから。

(目下のテーマは「移ろい」です)

biotope 「ハタチ基金」チャリティーコンサート8年間の作品集リリースに寄せて

”作曲家・高柳寛樹が「ハタチ基金」チャリティーコンサートのために作曲した8年間8曲をフルオケ、フルバンドで音楽監督・田中慎太郎が編曲したCDアルバムです。2018年12月15日に発売。収益の一部は「ハタチ基金」の活動のためにアロワナエンターテイメントから寄付されます。”

ハタチ基金は、被災地の子どもたちに寄り添い20年間継続的に支援する基金です。毎年チャリティーコンサートを行なっていた高柳氏の楽曲を編曲、一枚のアルバムにまとめました。

高柳さんから「ハタチ基金」のために作曲した曲をアルバムにしたいと編曲のお話をいただいたのは去年の冬頃でした。それから、およそ1年かけてじっくり作ったアルバムが発売になりました。

https://arowanax.thebase.in/items/15734405?fbclid=IwAR2IsvMT2rXBy1c_6gxY2hdJVO2WWUqVsip_j9Iixv_eIrlCjccqU8FCZt8
CDはこちらからお買い求めいただけます。

https://itunes.apple.com/jp/album/biotope/1444881366?l=jp
iTunesでも配信しています。google playやAWA、apple musicでも視聴可能です。

(ただ、できればフィジカルをお買い求めいただけると嬉しいです。笑)

先日のチャリティーコンサートも盛況のうちに終わり、すこしだけご挨拶のため登壇させていただきました。

チャリティーコンサートの被災地の現状報告として印象深かったのは、今年の小学校一年生の子どもたちは震災後に生まれたという話。

震災直後に生まれた環境が影響しているのか、現場の先生からは揃って落ち着きのなさを指摘されるそうです。

継続的支援のためにハタチ基金のこともあわせて知っていただければと思います。

musica universalis

12月16日、吉祥寺のカフェLiltにて静かの基地のコンサートがあります。

musica universalisとは「天球の音楽」のこと。
古代ギリシアでは、宇宙が音楽を奏でており、しかし人間の耳には聴こえないとされる考え方がありました。

吉祥寺のバー、Liltはアップライトピアノとウーリッツァーのある素敵なカフェです。人前で演奏する機会の少ない私たちですが、今回はまったく新しい試みになるはずです。

さて、オープンは16時。
開演は日の入りを予定しています。
(予報では16:30頃とのこと)

「Musica universalis」
◇ 12/16(日)開場:16:00/開演:日の入り
◇ 吉祥寺 Lilt(http://lilt.tokyo)
◇ 2,000円(+ 1 drink order)
http://lilt.tokyo/?fbclid=IwAR3bmRAIMu6RyEnYFKMPPV4Hk-Z2oGruvkUTjRsz7LlspKWCpHNQ9LW5p2I

フライヤーのデザインは若林哲博さん(http://www.isoparm.biz)
木炭で描いていただきました。若林さんのように「かわいい」や「きれい」だけではない、その奥にある種の凛とした厳しさがみえるような、そんな音楽が書けたらと思っています。。

12月は西荻窪のヨロコビto Galleryでクリスマスに関連した展示もあるようです。よろしければチェックしてみてください。

With

128()、青山の月見ル君想フにてwhooくんのソロコンサートに出演します。

演奏はManatee楽団。私はキーボードやメロディオン、鉄琴など。音色に華を添えられるように練習中です。

Twitterを見てみると、このコンサートを待ち望むたくさんの方々、あるいは新幹線のチケットを手配されている方もいらっしゃるみたいです。

最高のステージを用意してお待ちしております。

 


最近の試みは再びピアノソロ。

音色の余白、次につながる音がひとつの道筋だけではなく自由に広がるような

あるいは水彩画のように音の隙間をぼかす、笙の手移りのように。

1216()は吉祥寺のカフェLiltにて、久しぶりに静かの基地のコンサートもあります。

開演は日の入りから。詳細は追ってお知らせできればと思います。

きっかけ

ふと、文章を書いてみたくなった。
6年くらい前までは、毎日のようにSNSやブログを更新していた。

それがすっかり、ほとんど何も書かなくなった。
ある時から、言葉にすることをためらうようになった。

書こうとしても、書いては消すの繰り返しだった。
ひとつひとつの単語や言葉の並びを強迫的に確認した。

それは作曲でも同じだった。
心がすり減って、何も手につかなくなった時もあった。

それが少しずつ、自由に言葉にすることができるようになってきた。
音符もだんだん自由に書き連ねることができるようになってきた。

すっかり目を通さなくなったSNSも時折開いてみる。
以前にも増して言葉を発することが苦しくなる空間だと思った。
近くのことばかり考えて、遠くのことを考える人が少なくみえる。
きっと設定すれば取捨選択ができるだろうけど、自分の好き好んだ言葉や物だけでなく、有象無象のすべてが詰め込まれた空間が、やっぱり異様なものに思える。

それでも、丁寧に言葉を選んで、無駄なものはできるだけ少なくして、
そうやって何かを書いてみるのもいいのではないかと思った。

それでさっき、twitterに短い文章をふたつ投稿してみた。

“きっと、作家にだって出版するための文章と、誰にも見せない自分だけの(あるいは特定の誰かに向けた)文章があるはずだ。例えば日記帳や恋文のように。そうやって内発的に動機付けられた作曲、というものをそういえば書いたことがない。音楽に独り言はあるのだろうか。”

“公開することが、聴いてもらうことが、恥ずかしいという作品もある。それが作品の完成度に納得していないからなのか、それとも大切なものほどに人前に出したくない気持ちなのか、たまにわからないこともある。”

物事を考えれば考えるほど、人前で演奏する意義を失い、誰かが書いたものとそうたいして変わらない音楽を書くことが無駄なことに思える。

それを私は、いったん判断停止(エポケー)にすることにした。

ひとりで部屋で五線紙を書いても音楽は成立しない。
部屋でひとり演奏することも、練習のようなもので音楽とはすこし違う。

だからといって、声高らかには歌わないようにしようと思う。
慎ましやかに、微かに、掠れるように。

Page 1 of 7

Powered by WordPress & Theme by Anders Norén